かべのart

古い建築物、特に公共の施設に行くとロビーやホワイエには必ずと言ってもいいほどに目を引く壁いっぱいのartがある。 若い頃は何の興味も示さずに通り過ぎていたのだけど、今は思わず立ち止まって見入ってしまう。芸術を建築の一部に取り込むことで、何とも言えない豊かさが満ち溢れている。しかし、施設を維持する職員達は当時の私のように何の興味も示さずにいるのだろうか、それとも見慣れているせいかしれない。なんのも気にもせずにポスターを貼ったり、自販機や備品を置いている。、とても悲しい。、、建築家も悲しい。、芸術家も悲しい。、使い勝手も大事だろうが、どうかもう一度、目線を上げ壁いっぱいのアート見て欲しい。そうすれば少し考え方も変わるかも。、、、

夏の日差し亀有

現場打ち合わせも3度目、素早く仕上げ素早く開店させなくては、、といった案件。 居抜きではあるが、楽しいお店にしたいと試行錯誤頭を悩ませてます。 亀有は不思議な街、通うたびにぼやけていたシルエットがくっきりとしてきました。 新しさとレトロが共存するこの街にいつも心が踊ります。、、東京の下町、、イイ。 亀有名物、人気のキャラクターがお出迎えしてくれる駅前で違和感の色彩も暑い夏を彩り楽しい。 次回も楽しみです。

Archive
Category

Copyright (C)  ONTOH Inc. All Rights Reserved.

  • Wix Facebook page