浅草レトロ喫茶〜グリルバーグぱんだ

朝早く現場へ引き渡しチェック。 と、そのまえにレトロ喫茶で朝ごはん。浅草の人気店「ローヤル珈琲店 本店」へ とてもいいお店です。 ホットサンドも自家焙煎のコーヒーも空間までも大好きなレトロ喫茶。 なのに、なのに、近くに席にゴロゴロズケズケと来たガラの悪い関西風のスーツ香水ビロビロ、、3人組のデリカシーの無さに気分ダウン、、香水が臭い〜〜。 しかし、ホットサンドで持ち直し気分を盛り上げ現場へむかいます。 そんな現場は朝から大忙し。完成を待たずにお店の備品やら、厨房屋さんの搬入やら、家具屋さんの取り付け作業やら、引越し屋さんのダンボールやら、もうぐちゃぐちゃ。 ぼくらもディスプレイ作業で足パンパン しかし、改装前から比べたら居抜きとはいえ、とても優しい穏やかな空間に大変身できました。木のぬくもりと洋食店としての敷居の低さが嬉しいお店です。是非浅草雷門へいらした際は美味しいハンバーグを食べに来てください!!よろしくお願いいたします。

日光建築めぐりレーモンド

日光と言えば東照宮ですよね。 しかし、島育ちの私は修学旅行は九州一周であった。なので、一度も日光を訪れた事がない。 テレビでしか見た事ない。とくに絶対行きたい!と言うわけでもかなった。 なので、東京に上京して33年、お恥ずかしながら日光初デビューなのです。 そしてなぜ今更、日光? もちろん東照宮が見たくてでは無い。 見猿聞か猿言わ猿のモンキーが見たいわけでもない。 最大の目的は憧れの建築を見るため。 きっかけはスタッフJの勧めではあったが、めずらしく出不精の私もなんだか無性に見たくなった。 アントニン・レーモンドさん設計の中禅寺湖のほとりにある「旧イタリア大使館別荘」もちろん名建築である。 高崎の建築も良かった。是非実物を見なければと思い願っていた建築の一つ、その念願がかなった。 中禅寺湖の心地よい風と木々のトンネルを抜けていくと見えてくる味わい深い景色の中で、そっと佇む 外壁もインテリアまでも、すべて杉皮で仕上げられた大胆なデザイン。しかしなんとも言えない温かみのある建築。 建て替えで復元された建築物ではあるものの当時の趣そのものであろうと想像できる素晴らしい空間。 配置されている家具と建築デザインとはあまりマッチングはしてはいないが、素敵である。 残念なのは改修工事により外装が仮囲いで覆われていて完全な姿が拝めなかったこと。 でも念願のレーモンド建築をまた一つ見る事ができて満足でした。 その後、旧英国大使館別荘にも立ち寄り中禅寺湖の目的はほぼ達成、日光駅に足を向け途中で古い教会見たり、 金谷ホテルの資料館チラ見したり、華厳の滝みたりしたが、やはり見ておかなければと東照宮へ、

谷中根津千駄木田原町蔵前巡

谷中、根津、千駄木を巡ってきた。 べつに初めての場所では無いが、いいのだ。雰囲気がイカすから。 谷中1 朝倉彫塑館は2回目だけど、やはり良い感じ。岡本太郎さんのアトリエの次に住みたいなぁと思ってしまった建築、、でもどちらかというとココはお掃除上手な奥様限定の夫婦二人で、岡本太郎さんのアトリエはダラシない1人暮らし的な、、妄想全開です。、しかしこの朝倉彫塑館なんとも贅沢な建築構成、開口部のダイナミックさと庭との関係が絶妙。増改築を繰り返し、たどり着いた完成形。現在の建築基準法で縛られながら造れる建物ではないなきっと、、素晴らしい空間である。晴れた日も気持ちいが。雨の日を狙って再度来たい。暗さを見たい、雨音を聴きながら黄昏たい、、そんな建物です。あと3回は訪問したいと思う。、、ちなみに彫刻はあまり見ていないごめんなさい。 谷中2 松野屋さん、町の金物屋さん的なお店だが拘りの「良いモノ」がたくさんあって素朴な商品が可愛い。大工さんの道具箱は思わず買いそうになってしまった。サイズ感のよいワッパ弁当箱に心迷わせれ、これまた買いそびれた。 谷中3 雑草荘、可愛い小さな置物のお家に小さな試験管、一輪挿し。工房と一体となったとても小さくて可愛いお店でした。 千駄木0 菊見せんべい総本店、喉が乾きすぎて、おせんべいをどうしても口に運べる気になれず素通り、、ごめんなさい。 根津0 根津神社、暑くてうなだれ通り過ぎてしもうた、、 暑い日に廻るのも良いが汗だく覚悟で谷根千すべし!!涼しい秋が良いかも。 個人的には谷中銀座の立飲み屋さんに立ち寄りたかったのに、できなかった、、とても悲しんでいる自分。 お

アサクサゲンバ→イサム・ノグチ

嵐の音は子供の頃から大好きな音。沖縄育ちのせいか、嵐が来ると、こころが踊る。 深夜に大接近した台風13号は、嵐音ばら撒きながら我が家の古いマンションのサッシを揺さぶる。 雨の当たる音、、最高。 隙間を通り抜ける「ヒュー、ヒュー音」、くくく 暴風で擦れ合う木々の音、、泣けてくる。 なぜか心落ち着くこの嵐の音に、そのままぐっすり熟睡。 目覚めると、嵐の残り香が辺りを包んでいる。綾瀬はるかさん風に言うと「うりしい」である。 そんなことはさておきと、コンディションの悪いながらもいつもの歩き出勤で汗かきリフレッシュ、 午前中に細かな仕事を片付け、、午後から平常に戻った汗ばむ天候のなか現場チェック。 楽しいはずの現場チェックも、もまだテンションが低い。なんだか心が晴れない。 そんな日は、文化的な時間で湿気った心をケアしてあげる日である。 SNSカーサブルータスから得た展示情報に心揺さぶられいざ初台、東京オペラシティーへ、 この日の目的は「イサム・ノグチ展」、展示場へ向かう電車もワクワクである。 スタッフJが野口さんと言う、、「野口さん」、、ん?誰?、、いやいや「いさむさんですよ」、、ん?誰?、、 調べたら笑えますよ、、というからググったら凍りついた、、イサム・ノグチ、、、漢字で感じが違う。 いや普通気づくでしょ。思考回路が老いている、シナプス切れすぎ。 と言うわけで、見応えある作品にお腹いっぱいになり心も満たされた良い日になりました。 おわり

Archive
Category

Copyright (C)  ONTOH Inc. All Rights Reserved.

  • Wix Facebook page