阿蘇山のみえる丘

先日熊本の南阿蘇に視察の仕事旅に行ってきました。

九州の仕事はコロナ以降、当たり前の様に日帰りしてましたが、福岡からの移動ということもあり現場をくまなく見る時間を多く設け、今回は久しぶりの一泊です。広い空間を一気に見ていきながらも、建物の状態を確認する一環として機械室を見させていただいたり設備に詳しい従業員のお話をうかがったりしながら建物の健康状態や美観的な状態など確認していきました。築年数も30年以上となると多くの建物では大規模な修繕が必要な状態になっていることが多いのでお化粧直し以外にも苦労が絶えません。しかし施設の持っているポテンシャルを最大限に発揮させてあげたいので大切な時間です。こうして環境を歩き廻ることで気付く事も沢山あり長所と短所を上手に整えていければと思います。ということで、今回は普段一般の方が立ち入ることの無い面白空間をちらっとお見せいたします。森の中に囲まれた豊かな空間とコンクリートと鉄と機械が共存する不思議。これから頑張って良い空間にしたいと思います。


最新記事
Archive