ちいさくてかわいいオフィス

かつての名残など一切なくコンクリートの素肌が剥き出しの細長くて小さな空間

僕の大事な仲間、大塚くんの念願のオフィス。

駅からも近くて便利な場所、古いマンションをリノベしてオフィスにするのだ。

”そこに造り付けの机、そこにはベニヤで造る本棚”小さなキッチンとシャワー室

いつものごとく、仕事の早い大塚くんの設計図は完璧に仕上がっている。

南側のバルコニー付き窓からは優しい陽が溢れていてる。

設計図をわずかな外光に照らしながら真剣な様子、、いいね。

ガンガン、ガシャン、ドコーン、外では近所の古くて大きいビルの解体される音が

響いている。、、いい感じだなぁ、、なぜか落ちつく。

彼が19歳だったころからの付き合いだから、かれこれもう21年、時が経つのは早い

当時はもうちょい細くてデカプリオの様な好青年だった。今も好青年だけど、笑

そんな事を考えていると本当に自分のことの様に嬉しく、そしてとても楽しみである。

一日中没頭できるちょうど良い空間、、、自分だけのオフィス、うらやましいなぁ


次に来る時はシャンパンでも買ってお邪魔しよう。

まだ完成してないけど、やったね、おめでとう大塚くん!君は素晴らしいよ!



最新記事
Archive